聴覚障害者の案内係業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28091
業種
卸売・小売業
従業員数
69,000人
職種・従事作業
サービスカウンターでの案内業務
障害種別
聴覚障害
障害の内容・特性
全く聞こえないが、相手の唇を読むことができる。手話ができる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

入社時に、入社オリエテーションやその他を含め色々と相談した。今は月1回の定例会を実施している。
肩に触れて合図することや腕章については、こちら側から提案したことだが、まずは、どう接して欲しいか本人と話し合い、その上で会社側から提案している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

同じ障害があるお客様から支持していただき、また常連のお客様と簡単な手話で会話するなど働き甲斐がある。当初、「耳がきこえません」の腕章は不安だったが、今はこれがあって良かったと感じる。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える