発達障害者の臨床検査補助業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28100
業種
教育・学習支援業
従業員数
3200人
職種・従事作業
(臨床)検査補助業務
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
発達障害及び肢体不自由
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 実際に職場内で配慮が必要となる場面等の詳細は、採用後にジョブコーチ支援を活用しながら検証した。
  • 「作業指示と確認」の時間を明確に設けて日々障害者本人と双方向のやり取りを行うことで、本人の状況変化等を把握し、必要な配慮の提供につなげられる体制にしている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える