精神障害者の軽作業業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28106
業種
医療・福祉業
従業員数
186人
職種・従事作業
軽作業
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
強迫性障害
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

本人と月に1回程度面談を行うほか、就労支援機関の担当者を含めた3者面談を2か月に1回程度行っている。
休みが続く場合(3日から1週間程度)は、電話連絡、出社時に面談し、場合によっては家族の同席を求めているがケースバイケースである。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える