視覚障害者の旅館客室業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28113
業種
飲食・宿泊業
従業員数
1460人
職種・従事作業
旅館客室係(施設管理、リネンやシーツの回収作業、雑務)
障害種別
視覚障害
障害の内容・特性
弱視で、片方は視力がなく、もう片方は輪郭と色が多少判別できる程度であり、暗くなると見えなくなる。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える