発達障害者の紙製品製造業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28118
業種
医療・福祉業
従業員数
11人
職種・従事作業
紙製品製造加工・段ボール製品加工(糊付け、組み立て)
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害、軽度の知的障害、被害妄想、対人関係に困難あり
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

面接時に就労継続支援B型事業所の担当者の同席を認め、十分に時間を確保し本人の障害特性を把握した。
雇用開始後は、常に本人と相談しながら周囲に人がいることの不安の解消につとめ、十分な作業スペースを確保した。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える