視覚障害者の生活支援員業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28127
業種
医療・福祉業
従業員数
9人
職種・従事作業
生活支援員
障害種別
視覚障害
障害の内容・特性
両網膜色素変性症
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

特に時期を決めず、配慮を行う際は本人の意見を聞き取り話合いを行ってから、本人の意向に沿った形の配慮を行っている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

今までの職場は、意見を聞かれないまま対応されることが多くあった。しかし、ここではその時々に話し合い、意見を聞いて対応してくれているので、働きやすい職場だと思っている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える