精神障害者の介護職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28132
業種
医療・福祉業
従業員数
93 人
職種・従事作業
介護職
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
ストレスや環境の変化に弱い。また疲れやすく体調に波がある。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

本人との意思の疎通を図ることが一番だと思っていることから、常に声掛けを行うなどコミュニケーションを図っている。また、どんな細かなことでも遠慮なく申し出ができる雰囲気作りや体制作りに配慮している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

就職にあたり、今までは不安でいっぱいであったが周りの職員が悩んでいることや困ったことはないかと常に優しく声を掛けてくれており、障害について干渉されることもないため、人間関係もうまくいっていると感じている。仕事は大変ではあるが、今は楽しくて仕方がない状態で、体調面においても就職する前に比べると元気になった気がする。給料の面についても、経験がないにも関わらず一般の求人の条件と同様の時間給が支給されており、貰いすぎだと感じている。また、社会保険や厚生年金にも加入していただいて、条件面では何も言うことはない。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える