発達障害者の鶏かけ作業における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28143
業種
製造業
従業員数
176 人
職種・従事作業
鶏かけ作業など
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
広汎性発達障害
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用時に全従業員に対し、本人の障害について伝達した。また、採用から最初の3か月は障害者トライアル雇用期間とし、その間、ジョブコーチ制度を利用した。何かあればその都度相談し、本人が職場に定着できるように調整した。今は、配置部署のサブリーダーを中心に仕事に関する指示等で本人が困ったときはいつでも相談できる体制にしている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

現在、同じ部署にいる人がみんな優しくて相談しやすいので、特に困ることもなく頑張れている。今後も今の環境なら残業も含め頑張っていけると思う。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える