発達障害者の事務補助業務における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28144
業種
医療・福祉業
従業員数
3672人
職種・従事作業
事務補助
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
自閉症スペクトラム。主にコミュニケーションが苦手なため、対人関係を作るのが難しい。正確にこつこつと行う作業は得意だが、作業ペースがややゆっくりで急かされると停止状態になる。共同作業は負担が大きく、ひどく疲れやすい。不安が強まると落ち着くまでに時間を要する。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

一人でできる作業なので、コミュニケーションで悩むことはない。また自分のペースで進められている。現在も休憩時間は会議室を利用しており、安心して時間を過ごすことができている。作業が一段落して時間が空く時があるので、できる作業を増やしていけると良いと思う。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える