難病患者の一般事務職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28156
業種
製造業
従業員数
6 人
職種・従事作業
一般事務(メールで注文を受け取り、その後梱包・発注。在庫管理、電話対応等)
障害種別
難病(自己免疫性肝炎)
障害の内容・特性
病気の発症や進行に自己免疫が深く関与する慢性的な肝炎。免疫細胞が患者の肝細胞を攻撃し障害を与えていると考えられている。特徴的な症状はないが、倦怠感や黄疸、食欲不振、関節痛、発熱などがあるが無症状の人もいる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

入社前より話し合いを行っており、常に体調に配慮し働きやすい環境となるよう声を掛けている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

とてもよくしてもらっている。体調の事を常に気にかけてもらっており、休みも取りやすく働きやすい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える