肢体不自由者の事務職における合理的配慮事例

2016年度作成
事業所名
合理的配慮事例・28164
業種
医療・福祉業
従業員数
33人
職種・従事作業
事務職
障害種別
肢体不自由
障害の内容・特性
胸椎骨折、脊髄損傷による両下肢体幹機能障害。車いす使用。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

入社前、その後はその都度話をし、できることはすぐに配慮提供を行った。時間が掛かることについては、とりあえずの対応を行い、その後に社内で検討し、本人と相談しながら行った。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

相談しにくい等のことはなかった。体調管理の面では特に配慮をしてもらった。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える