精神障害者の介護業務における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29004
業種
社会保険・社会福祉・介護事業
従業員数
369人
職種・従事作業
社会福祉施設の介護職
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
気分が高まったり、沈んだりする。人間関係の苦痛により、頭痛、腹痛、顔色不良などの身体的症状が現れる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 採用後6か月の時点で対象者、主任、リーダーとの3者面談を行い、仕事の内容、意欲について確認した。また、年に1度施設長との面談を行い、気持ちを伝えている。
  • 主任、リーダーはいつでも相談に応じるとともに、必要に応じ、総括担当の主任生活相談員、施設長を交え、面談を行うこととしている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える