難病患者の製造業における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29018
業種
製造業
従業員数
30人
職種・従事作業
鋼板(鋼材)の熔断面及び切断面の研磨作業
障害種別
難病(多発性硬化症)
障害の内容・特性
全身の感覚低下、気温(温度)変化にすぐに適応できない、痛みの感覚が低下などの症状がある。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

体調の変化、体調不良の状況に合わせて対象者と相談して、就業時間などを決めている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える