身体障害者のデータ処理作業等における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29023
業種
食品加工卸売業
従業員数
20人
職種・従事作業
データをもとにした商品ラベルなどを作成
障害種別
身体障害(股関節不全)
障害の内容・特性
股関節不全のため、歩行には杖を必要とする。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

対象者が、「障害による移動制限」、「昼間の通院」などを理由に、在宅勤務を希望したことから、本人との相談を踏まえ、次の点から通勤の制約などに配慮し在宅勤務での採用とした。

  • パソコン操作 のスキル、就労意欲などが当社の求める人材と合致したこと。
  • 担当業務がデータ加工でありパソコンでのやり取りが可能であること。
  • 採用後も支援センターからのフォローアップなどの支援が得られること。
配慮を受けている障害者の意見・感想等

在宅勤務を認めていただき、感謝している。ミスのないよう頑張りたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える