高次脳機能障害者の事務補助業務における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29030
業種
非鉄金属製造業
従業員数
2,658人
職種・従事作業
事務補助員
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
短期の記憶障害が認められる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用当初の面接等で配慮を必要とする事項の確認を行い、業務内容については、その都度、解決できるような体制を整備している。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

現在、体調もよく、特に困っていることはない。しかし、誰に仕事を依頼されたものか、時に失念することもあるため、休日前に忘れてはいけない事項を付箋にメモしておくなどして、週明けにスムーズに業務を進られるように工夫をしている。今後も、少しずつ、着実に仕事を覚えながら、長く勤めていけるように頑張りたい。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える