精神障害者の介護業務における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29043
業種
専門サービス業
従業員数
289人
職種・従事作業
介護業務
障害種別
精神障害(うつ病)
障害の内容・特性
不安が強く、ストレスに弱い。また、質問を繰り返すことが多い。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 障害の有無に関わらず当法人は成長支援制度を設けているので、対象者に関しても他の職員と同様に、年2回のフィードバック面談を6月と11月に実施している。
  • フィードバック面談では、本人のやる気を促すように努めるとともに、対象者の要望等も聞くように心掛けている。このほか必要に応じて随時面談を行い、体調や職場環境の問題点等を把握、改善するよう努めている。
配慮を受けている障害者の意見・感想等
  • 業務に負担がかからないよう配慮してもらっている。
  • 体調が悪いときには、有給休暇が取得でき、ありがたい。
  • 仕事に活かせるようにと考え、平成22(2010)年にヘルパー2級の資格を取得した。その後に処遇や給料も上がり感謝している。
  • 職場の職員から障害者扱いをされていないことが嬉しい。できることは自分から積極的にやっていこうと心がけている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える