発達障害者のハウスキーパーにおける合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29049
業種
ホテル業
従業員数
241人
職種・従事作業
客室清掃(ハウスキーパー)
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
慣れないことに対して戸惑う。同時に二つのことを命じるとできないが、一つのことに対して非常に集中して取り組むことができる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

1.面接における配慮では、対象者を支援する支援センターの職員に同席してもらった。
2.採用後も支援センター職員の定期的な訪問の際に、現状を報告するとともに、相談を行っている。
3.毎朝の始業時において、現場リーダーである班長が対象者に声掛けを行い、その日の顔色・表情や体調チェックを行っている。わずかな異変を逃さないように心掛けており、所属部門の副支配人に状況報告を行っている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

仕事ができることに喜びを感じている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える