じん臓機能障害者における調剤薬局業務における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29057
業種
医療・福祉業
従業員数
398人
職種・従事作業
調剤薬局事務員
障害種別
じん臓機能障害
障害の内容・特性
じん臓機能が長期にわたり徐々に悪化する病態であリ、症状は緩徐に現れ、食欲不振や悪心、嘔吐、口内炎、味覚異常、夜間頻尿、倦怠感、疲労、息切れ、集中力の低下などが一般的に見受けられるが、対象者は疲れやすさや息切れがあり、人工透析による治療を受けている。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

話し合う時期、頻度などは決めてはいないが、困ったときに随時相談に対応できるよう、日常的に上長とのやりとりを行っている。なお、最近は欠勤や早退などもなく安定して働くことができている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

体調を崩し入院したとき、体の負担がかからない部署への異動を提案してくれた。
退社時間の配慮を受け、治療しながら勤務することができている。
一昨年は勤続10年表彰を受けた。できれば定年まで働きたいと考えている。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える