知的障害者の製品梱包、配送業務等における合理的配慮事例

2017年度作成
事業所名
合理的配慮事例・29058
業種
健康食品・自然派化粧品の企画、通信販売
従業員数
92人
職種・従事作業
製品の梱包、配送業務,総務(受付)業務
障害種別
知的障害
障害の内容・特性
作業理解が苦手であり、作業を円滑に実施するために丁寧に説明する必要がある。また、説明する際もOJTで具体的に説明することも多い。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

障害のある社員は毎朝、朝礼を実施しその後に勉強会を行い、業務を行っている。現場の運営についても障害のあるメンバー(社員)に任せている。
週2〜3回業務担当者が現場へ足を運ぶため、業務が適正に行われていない部分があるときには、話し合いをもつようにしている。

配慮を受けている障害者の意見・感想等

入社した当初は「仕事をする」といった感覚がありませんでした。他の職員の方が積極的に自分のことを気にかけていただき、一緒に仕事を協力していきたいという気持ちになりました。そうした方が多くいたおかげでここまで会社にいられたというのが、感想です。ある職員の方に「当たり前はないで、全てのことに感謝の気持ちをもち、自ら行動をする」ようにいわれました。これからも周りの人の気持ちを考えて仕事をしていきます。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える