知的障害者の資源ごみの選別作業等における合理的配慮事例

2018年度作成
事業所名
合理的配慮事例・30212
業種
サービス業
従業員数
42人
職種・従事作業
収集された「缶」「びん」「ペットボトル」を選別し、鉄・アルミ・ペットボトルは圧縮成型し、びん(カレット)は無色・茶・その他の色に選別し資源とする。
障害種別
知的障害
障害の内容・特性
対人関係が苦手で、メンタル面の弱さが少し認められる。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細

採用決定に際しては、職場実習中の就業状況、障害特性などを踏まえ、ハローワーク及び特別支援学校(高等部)の職員を交え、雇用上の具体的な配慮方法について協議した。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える