精神障害者の工場内緑化作業における合理的配慮事例

2018年度作成
事業所名
合理的配慮事例・30216
業種
製造業
従業員数
370人
職種・従事作業
工場内の緑化作業
障害種別
精神障害
障害の内容・特性
体調に波がある。天候(低気圧が近づくなど)によって体調を崩しやすい。電話の鳴る音で委縮するなど電話対応が困難である。
障害者への配慮の提供にあたり、障害者と話し合いを行った時期・頻度等の配慮提供の手続きの詳細
  • 所属上長が、同じフロアにいることが多いことから、日々、声掛けを行い、話を聞くことにしている。
  • 面談の場では、事前に対象者と支援センターの担当者間で話をしてもらい、それを踏まえて面談を行っている。そうすることで、話がしやくすなるとともに、対象者本人が言い忘れたことを面談後に支援センターの担当者に確認することができるなどのメリットがある。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える