発達障害者の複合サービス業(小売・共同購入等)における合理的配慮事例

2018年度作成
事業所名
合理的配慮事例・30238
業種
サービス業
従業員数
3,576人
職種・従事作業
事務職
障害種別
発達障害
障害の内容・特性
発達障害であり、障害特性として、コミュニケーションが苦手なことと、視覚的情報が正確に入るが視覚的刺激に注意がとられることがある。なお、対象者(以下「Aさん」という。)は特別支援学校の新卒者である。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える