高次脳機能障害のある者の製造業における合理的配慮事例

2018年度作成
事業所名
合理的配慮事例・30240
業種
製造業
従業員数
658人
職種・従事作業
製造業における部品組立等の作業員
障害種別
高次脳機能障害
障害の内容・特性
くも膜下出血の後遺症による短期記憶の障害、遂行機能障害(作業の見通し・段取り等が苦手)。なお、職場復帰後に障害のあることがわかり、関係機関の支援を得て、継続就労している事例であること。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートに答える